着物の帯の種類の特徴と使い分け

女性の着物に合わせる帯の種類は多く、それぞれに着物と同様に格というものがあり、着物によって種類や柄、生地を合わせる必要があります。

現代の代表的な帯としては「袋帯」があります。礼装に合わせる格の高いもので、袋織に輪を織ったもので芯を入れる必要がなく、締めやすいため多く用いられています。金銀の糸が縫い込まれたものはフォーマル、軽い柄のものはカジュアルに向いていて、長さは4メートル20から4メートル50で、幅は約30センチのものです。

次に格が高いのが「名古屋帯」で、太鼓の部分110センチだけ普通の幅で胴に巻く部分は半幅にしたものです。扱いやすく結びやすいのが特徴で、セミフォーマルからカジュアルに向いていて、長さ3メートル60、幅は約30センチのものです。

浴衣に使うのが「半幅帯」で、普通の半分の幅なのでこの名前があります。扱いやすく手頃で、結び方も様々に可能で、長さは3~4メートル、幅は約15センチです。

帯にはまた、「柄付け」と呼ばれる柄の入れ方の違いでも種類が分けられます。柄は「全通柄」「六通柄」「お太鼓柄」などの種類があります。